韓国ドラマ『獬豸(ヘチ)~王座への道』の相関図やキャスト・感想・評判まとめ

안녕하세요(アンニョンハセヨ)?韓ドラ大好き♡チョン・イル大好きなゆっきーです。

2019年2月11日から4月30日まで韓国SBSで放送されたチョン・イル主演のドラマ『獬豸(ヘチ)』が、早くも今秋NHKのBSドラマで放送されます。

今回は、ドラマ『獬豸(ヘチ)~王座への道』の相関図やキャスト、感想や評判まとめてみました。

さっそく相関図やキャストから見ていきましょう。

韓国ドラマ『獬豸(ヘチ)~王座への道』の相関図・キャスト

 

韓国ドラマ『獬豸(ヘチ)~王座への道』は、日本でも大人気となった時代劇「イ・サン」「トンイ」「馬医」などを書いてきたキム・イヨン脚本家と「イルジメ(一枝梅)」などで優れた演出力を認められたイ・ヨンソク監督が作り上げた時代劇です。

2018年11月30日に軍隊を除隊したチョン・イルの復帰作で、韓国での視聴率は、初回7.1%を記録して地上波月火ドラマで1位を獲得した作品です。

相関図

ヘチ相関図

画像元:https://www9.nhk.or.jp/kaigai/hechi/chara/

 

2018年11月30日に除隊したチョン・イルは、主演の延礽君(ヨンニングン)イ・グム役を演じています。

イ・グムは生まれながらの天才、王の血肉、堂々とした王子ですが、母親が賤民であるため王室だけではなく、朝鮮の誰からも完全な王子として認められなず王になってはいけない問題的な王子です。

Araは、女性差別をされるのが嫌なヨジ役を演じています。

チョン・イルの恋のお相手ですね♡

すべての捜査官の中でも、武術と捜査実力が最も優れている司憲府の茶母(タモ、女刑事のような職業女性)の役どころです。

 

キャスト

主要人物

チョン・イル………延礽君(ヨニングン)イ・グム役 /粛宗の4番目の息子

Ara …………………ヨジ役/司憲府の茶母

クォン・ユル………パク・ムンス役/司憲府監察

パク・フン…………ダルムン役/チンピラ

イ・ギョンヨン……ミン・ジンホン役/仁顯王后の兄

チョン・ムンソン…密豊君(ミルプングン)イ・タン役/ソヒョン世子の曾孫

ペ・ジョンファ……ユンヨン役/ダルムンの元恋人

ハン・サンジン ……衛兵州/司憲府の監察

王室関係

キム・ガプス………粛宗役/朝鮮第19代の王(※1~8話特別出演)

ナム・ギエ…………インウォン王后役/粛宗のの第二継妃

ハン・スンヒョン…景宗(キョンジョン)役/粛宗の長男(禧嬪張氏の息子)

ノ・ヨンハク………延齢君(ヨンリョングン)

周辺人物

イム・ホ……………司憲府大司憲

ソン・ビョンホ……小論の首長

イ・ウォンジェ……領議政

パク・ジヨン………ハ・チョホン役

チェ・ミンチョル … ユンヒョク役

ドラマ『獬豸(ヘチ)~王座への道』の感想や評判は?

 

主演のチョン・イルは、今回の役づくりのため14キロも減量したそうですよ。

軍服中の朝9時に出勤して夕方6時に退勤するという規則正しい生活から、地方での夜を更かす撮影は体力的にも限界があったようで、口唇ヘルペスを発症したチョン・イル。たくさん叫んで、後から声帯結節にもなり、ずっと病院と撮影現場を行き来していたのだとか。

またヒロインのAraも走るシーンを撮影していた際に転んで足首に怪我をし、前距腓靭帯(足関節外側の靭帯)の破裂のため入院するという事態にもなりました。

約6ヶ月のドラマの撮影が役者さんにとってもかなり大変だったことが分かりますね。

それでは、SBSの公式サイトに寄せられた感想や評判について紹介していきますね。

  • 歴代史劇最高のキャスティング!チョン・イル、コ・アラなどキャスティングが良かったです。ただコ・アラのセクシーさが欠けて衣装も残念でした。よりセクシーで美しくお願いします。
  • スピード感のある展開と緻密な戦略が飛び交う〜!!! ^^本当に面白いです。現代的な感覚で処理された時代劇は非常にお勧めします!!!!
  • 英祖王になる過程を描いたドラマは初めて見るので、忙しい時間を割いて一生懸命見ています。
  • 話の展開も速く、助演たちの演技も非常に良いです。明らかによく作られたドラマですが、2つの面が残念。まず敬称に関する問題で、王子のイグムにいつでもタメ口をして気兼ねなく接するなど常識の線を越えていました、またAraのアクション演技が未熟で時代劇には合わないようだった。
  • 簡単に身分上昇がされていない朝鮮時代に奴婢が良民の宮女であることはありえない。 脚本家は、歴史的な知識が必要である。

俳優さん達の演技を絶賛する声はかなりありましたが、歴史に詳しい方からは厳しいコメントも多かったですね。

私も今年すでに放送されていたCS放送で何度か視聴しましたが、日本の歴史すら危うい私には韓国の歴史はもっと理解できないので、普通に現代風の時代劇として楽しめましたよ。

チョン・イルもAraも大好きだし、最近は韓国の時代劇にハマっているので、11月10日(日)からNHKのBSで放送される『獬豸(ヘチ)~王座への道』を見ようと思います。

まとめ

今回は、韓国ドラマ『獬豸(ヘチ)~王座への道』の相関図やキャスト、感想や評判についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

チョン・イルの除隊後初の復帰作で、2019年11月10日(日曜日)午後9時からNHKのBSプレミアムで毎週日曜日に24回にわたって放送予定です。

レンタル開始や動画サービスについても分かり次第更新していきますね。

それでは、또 봐요.(ト ボァヨ)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です