パク・ヒョンシク(ZE:A)のプロフィールや入隊予定・出演ドラマ情報まとめ

こんにちは!韓国ドラマ大好きのゆっきーです。

今回は、キレイすぎる顔立ちで人気のパク・ヒョンシクさんについて迫っていきたいと思います!
パク・ヒョンシクさんの代表作といえば、時代劇はそんなに好きじゃないっていう韓流ファンでもハマっちゃう『花郎<ファラン>』ですよね。
その中でもイケメンすぎる顔立ちに長い黒髪が似合いすぎるパク・ヒョンシクに、やばぁ~い誰この人イケメンすぎる~♡って一気にファンになった方もいるのでは?

さて、今回は

  • パク・ヒョンシクさんのプロフィールや経歴は?
  • 出演作品は?
  • 入隊はしているの?
  • 現在はどんな活躍をしてる?

について徹底的ご紹介していきたいと思います!!

 

 

プロフィールや経歴は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

– ✨ @phs1116 #parkhyungsik #hyungsik #박형식

박형식さん(@hyungsik_b)がシェアした投稿 –


パク・ヒョンシクさんはいったいどんな人なのでしょうか。詳しくまとめてみました。

名前:パク・ヒョンシク(朴炯植/박형식/Park Hyung-sik)
生年月日:1991年11月16日
出生地:京畿道龍仁市器興区
身長:183 cm
体重:72kg
血液型:AB型
家族:両親、兄
デビュー:ZE:Aのシングル「Nativity」

パク・ヒョンシクは、9人組のボーイズグループZE:A(ゼア)のメインボーカルです。

ZE:Aのデビューは、2010年1月7日にシングル『Nativity』をリリースしてデビューしたのですが、その前の年の2009年4月に韓国Mnetのリアリティ番組『帝国の子供達』に出演してデビュー前からファンを獲得していました。

グループ名の『ZE:A(ゼア)』は、「帝国の子供達」のハングル表記である「제국의 아이들(ジェグゲ アイドゥル)」の頭文字をとってファンがつけたものなんですね。

現在は、ZE:Aの所属事務所だったスター帝国との専属契約が2016年末で終了したため、パク・ヒョンシクはUnited Artists Agencyに所属しています。

ZE:Aとして解散という形にはなっていないのですが、それぞれ事務所も代わってしまったり、ケビンはオーストラリアに帰ってしまったので9人揃っての活動は今後なさそうです。

また、有名なのがパク・ヒョンシクのお父さんがBMW韓国の取締役だということですよね。お金持ちの息子さんであることは間違いないですが、歌手デビューしてからはお小遣いを貰っていないと明かしていました。

ZE:Aでの活動の時は、特に目立つ存在ではなかったんですよ。キレイな顔なのにね~。

パク・ヒョンシクが大ブレイクしたのは、パク・ソジュンと共に主演を演じたドラマ『花郎<ファラン>』です。
作品中では、新羅の第24代王である真興(チヌン)王こと彡麦宗(サムメクチョン)でありながら、正体を隠して王の親衛隊である花郎ジディとなった役どころで出演しています。

 

まだ観ていないよという方は、ぜひ観てほしい作品ですね~。
ちなみに私は2回以上観てますよ♪

 

ドラマ出演作品は?

 

ドラマデビュー作品は、2012年1月20日放送のSBSの旧正月特集ドラマ『君を覚えてる』です。

キム・ビョンマン、キム・ジヌ、イ・ヨンウンなどが主演のドラマで、パク・ヒョンシクはテソン役で登場していますが、DVDを探しても見当たらないので視聴するのは難しいですね。

それでは、ドラマ出演作品を一気に紹介していきます。

パク・ヒョンシクさんの出演ドラマ

・君を覚えてる/テソン役(2012年SBS)
・愛は贈りもの/オ・スヒョン役(2012年SBS)
・ナイン~9回の時間飛行~/パク・ソヌ(主人公の高校生時代)役(2013年tvN)
・相続者たち/チョ・ミョンス役(2013年SBS)
・シリウス/ト・ウンチャン、ト・シヌ(双子の主人公の少年時代)役(2013年KBS)
・家族なのにどうして~ボクらの恋日記~/チャ・ダルポン役(2014年KBS)
・上流社会/ユ・チャンス(2015年SBS)
・彼女はキレイだった/ゲスト出演(2015年MBC)
・恋は七転び八起き/チャ・ダルポン役(2015年Mnet)
・花郎<ファラン>/彡麦宗・ジディ役(2017KBS)
・力の強い女ト・ボンスン/アン・ミンヒョク役(2017年JTBC)
・SUITS/スーツ~運命の選択~/コ・ヨヌ役(2018年KBS)

ちなみにパク・ヒョンシクさんは、ドラマの挿入歌も歌っているんですよ。ZE:Aでメインボーカルを担当していたのだから、歌が上手いのはお墨付きですよね。

上流社会の『You’re my love』、花郎の『ここにいるよ』、力の強い女ト・ボンスン『あの人がキミだから』などはパク・ヒョンシクさんがヴォーカルで歌っているんです。ドラマはもちろんですが良い曲ですのでOSTにも耳を傾けてほしいですね。

 

そんなパク・ヒョンシクさんが演じた『花郎<ファラン>』の1話〜最終話を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓

入隊はしているの?

パク・ヒョンシクさんは、今年2019年6月10日に入隊予定となっています。

2013年にMBCの人気バラエティ番組「本物の男」にレギュラー出演した当時、実際に首都防衛司令部に入所して厳しい軍事訓練を受けたことがあり、今年のはじめに首都防衛司令部の憲兵隊に志願して、4月26日に最終合格の通知を受けていました。

書類選考を通過した彼は、4月9日に首都防衛司令部の規定に基づく厳しい体力テストを受けて見事に合格していたんですね。なので、間もなく入隊してしまうことになります。

2年間って長いようで短い期間ちょっぴり寂しいですが、その間は今までの作品を観たりOSTを聞いたりして除隊の日を待つことにしましょう。

今はどんな活躍をしてる?

去年チャン・ドンゴン×パク・ヒョンシクの華麗なる初共演が実現した「SUITS/スーツ~運命の選択~」が入隊前最後のドラマとなりますが、DVD&Blu-rayが、3月2日に発売されていますので、まだ観ていないという方は要チェック!

「SUITS/スーツ~運命の選択~」の後は、映画『陪審員たち』で主演に抜擢されていますよ。

2019年5月15日に韓国で公開された映画『陪審員たち』では、パク・ヒョンシクは諦めを知らない青年起業家である8番陪審員クォン・ナムウを演じています。

パク・ヒョンシクにとって映画では初主演となった作品で、2008年に韓国に初めて導入された“国民参加裁判”の実際の事件を再構成した「陪審員たち」は、初めての国民参加裁判に偶然、陪審員になった普通の人が彼らならではの方法で少しずつ事件の真実を探していくストーリーを描いた映画です。

日本での公開が待ち遠しいですね。

 

そんなパク・ヒョンシクさんが演じた花郎<ファラン>の1話〜最終話を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓

花郎<ファラン>を1話から全話をまとめて無料で視聴する

まとめ

  • パク・ヒョンシクさんは、ZE:Aのメインボーカルで俳優としても活躍中だった
  • デビュー作は2012年1月20日放送のSBSの旧正月特集ドラマ『君を覚えてる』
  • 入隊は2019年6月10日予定
  • 現在も俳優として活動中で、2019年に公開される『陪審員たち』は注目です

パク・ヒョンシクさんは、もうすぐ入隊してしまいますが主演映画『陪審員たち』の上映はこれからなので楽しみです。

お金持ちの息子さんではあるけれど、きちんと自立して軍への入隊も首都防衛司令部という韓国陸軍の大統領直属部隊へ行く勇ましい姿にますます惚れちゃいそうです。

これからも、いろいろな場面で活躍が期待できる俳優さんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です