韓国俳優パク・ヒョンシク(パクヒョンシク)の出演ドラマや2020年現在の最新情報まとめ

アニョンハセヨ~♪韓国ドラマ大好きなゆっきーです。

俳優パク・ヒョンシクさんといえば、「花郎<ファラン」では長髪で美しいジディ&チヌン王役を演じ、「力の強い女ト・ボンスン」ではゲーム会社の社長で登場し日本でも一気に人気となった俳優さんですね♪

格好いい上に長身で、剣道も4段という言うこと無し!のイケメン俳優さん。

地上波で放送されている韓国ドラマを見て、この人誰?と一気にファンになっちゃった方もいるのでは?

今回は、俳優パク・ヒョンシクさんの出演ドラマや映画、また2020年現在の最新情報について紹介していきますね!

まずはプロフィールからチェックしていきましょう!

パク・ヒョンシク(パクヒョンシク)プロフィールや本人インスタグラムは?

名前:パク・ヒョンシク(朴炯植/박형식/Park Hyung-sik)
生年月日:1991年11月16日
出生地:京畿道龍仁市器興区
身長:183 cm
体重:72kg
血液型:AB型
家族:両親、兄
デビュー:ZE:Aのシングル「Nativity」
兵役:2019年6月10日~
Instagram⇒https://www.instagram.com/hyungsik_b/
※https://namu.wiki/参照

パク・ヒョンシクは、現在俳優さんとしてたくさんのドラマに出演していますが、元々は9人組のボーイズグループZE:A(ゼア)のメインボーカルです。

ZE:Aのデビューは、2010年1月7日にシングル『Nativity』をリリースしてデビューしたのですが、その前の年の2009年4月に韓国Mnetのリアリティ番組『帝国の子供達』に出演してデビュー前からファンを獲得していました。

グループ名の『ZE:A(ゼア)』は、「帝国の子供達」のハングル表記である「제국의 아이들(ジェグゲ アイドゥル)」の頭文字をとってファンがつけたものなんですね。

現在は、ZE:Aの所属事務所だったスター帝国との専属契約が2016年末で終了したため、パク・ヒョンシクはUnited Artists Agencyに所属しています。

ZE:Aとして解散という形にはなっていないのですが、それぞれ事務所も代わってしまったり、ケビンはオーストラリアに帰ってしまったので9人揃っての活動は今後なさそうです。

また、有名なのがパク・ヒョンシクのお父さんがBMW韓国の取締役だということですよね。

お金持ちの役が多いイメージでしたが、本当にお金持ちの息子さん♡

でも歌手デビューしてからはお小遣いを貰っていないと明かしていましたよ。

パク・ヒョンシクのそういう所が素敵ですよね♪

 

ちなみにZE:Aでの活動の時は、特に目立つ存在ではなかったんですよ(私も知らんかったけどw)

パク・ヒョンシクが大ブレイクしたのは、パク・ソジュンと共に主演を演じた2016年のドラマ『花郎<ファラン>』です。

作品中では、新羅の第24代王である真興(チヌン)王こと彡麦宗(サムメクチョン)でありながら、正体を隠して王の親衛隊である花郎ジディとなった役どころで出演しています。


まだ観ていないよという方は、ぜひ観てほしい作品ですね~。

ちなみに私は2回以上観てます♪

パク・ヒョンシクのドラマ主演作品や出演作品まとめ

 

ドラマデビュー作品は、2012年1月20日放送のSBSの旧正月特集ドラマ『君を覚えてる』です。

キム・ビョンマン、キム・ジヌ、イ・ヨンウンなどが主演のドラマで、パク・ヒョンシクはテソン役で登場していますが、DVDを探しても見当たらないので視聴するのは難しいですね。

それでは、ドラマ出演作品を一気に紹介していきます。

  • 短編ドラマ「君を覚えてる」/テソン役(2012年SBS)
  • ドラマ「愛は贈りもの」/オ・スヒョン役(2012年SBS)
  • ドラマ「ナイン~9回の時間飛行~」/パク・ソヌ(主人公の高校生時代)役(2013年tvN)
  • ドラマ「相続者たち」/チョ・ミョンス役(2013年SBS)
  • ドラマ「シリウス」/ト・ウンチャン、ト・シヌ(双子の主人公の少年時代)役(2013年KBS)
  • ドラマ「家族なのにどうして~ボクらの恋日記~」/チャ・ダルポン役(2014年KBS)
  • ドラマ「上流社会」/ユ・チャンス(2015年SBS)
  • ドラマ「彼女はキレイだった」/ゲスト出演(2015年MBC)
  • ドラマ「恋は七転び八起き」/チャ・ダルポン役(2015年Mnet)
  • ドラマ「力の強い女ト・ボンスン」アン・ミンヒョク役(2017年JTBC)
  • ドラマ「花郎<ファラン>」彡麦宗・ジディ役(2017KBS)
  • ドラマ「SUITS/スーツ~運命の選択~」コ・ヨヌ役(2018年KBS)
  • 映画「8番目の男」クォン・ナムウ役(2019年公開)

ちなみにパク・ヒョンシクさんは、ドラマの挿入歌も歌っているんですよ。

ZE:Aでメインボーカルを担当していたのだから、歌が上手いのはお墨付きですよね。

上流社会の『You’re my love』、花郎の『ここにいるよ』、力の強い女ト・ボンスン『あの人がキミだから』などはパク・ヒョンシクさんがヴォーカルで歌っているんです。

ドラマはもちろんですが良い曲ですのでOSTにも耳を傾けてほしいですね。

 

2020年はどんな活躍をしてる?


2020年現在は、入隊中のため俳優や歌手としての活動予定はありません。

去年11月に行われた「第40回青龍映画賞」授賞式には軍服姿で出席していましたよ。

2019年11月1日に日本で公開された映画『8番目の男』では、パク・ヒョンシクは諦めを知らない青年起業家である8番陪審員クォン・ナムウを演じています。

こちらも今年はDVDやVODでの配信もあるかもしれないので、楽しみですね!

まとめ

今回は、俳優パク・ヒョンシクさんの出演ドラマや映画、2020年現在の最新情報についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

パク・ヒョンシクさんは、現在入隊中のためドラマの最新作は来年以降になりそうです。

主演映画『8番目の男』は2019年11月1日に日本でも公開され、今年はVOD配信などもあるかもしれないので楽しみですね。

これからも、いろいろな場面で活躍が期待できる俳優さんです。

それでは、またこの辺で。

アンニョ~ン♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です