韓国ドラマ『彼女はキレイだった』のあらすじ5話・6話(ネタバレ)

こんにちは!ゆっきーです。

韓国ドラマ『彼女はキレイだった』は、「キルミー・ヒールミー」で双子の兄妹役として共演した日本でも大人気のパク・ソジュンとファン・ジョンウム主演のラブコメディ。

韓国での視聴率は初回4.8%だったものの、着実に視聴率を伸ばし最高視聴率が19.7%、同時間帯視聴率1位を独走した作品でした。

さらに2015年のMBS 演技大賞で10冠に輝き、2015年の年間視聴率でもミニシリーズでベスト3に見事ランクイン。

今回は、そんな韓国ドラマ『彼女はキレイだった』のあらすじ5話、6話を完全ネタバレで紹介していきたいと思います。

⇒今すぐU-NEXTの31日間無料お試しを利用して『彼女はキレイだった』の動画を視聴する

韓国ドラマ『彼女はキレイだった』5話あらすじ(ネタバレ)

 

酒に酔って倒れたソンジュンを送り届けた帰り、携帯を部屋に忘れたヘジンは慌てて引き返す。

鍵を持っていないヘジンは、暗証番号を推測し、なんとかソンジュンの部屋に入り携帯を取り戻すが、思い出のパズルが目に入り思わず見入ってしまう。

そこへ起きて来たソンジュンが声をかけると、ヘジンは驚いた拍子にパズルの入ったガラスケースを倒して壊してしまうヘジン。

慌てて片付けようとするヘジンが、ガラスを踏みそうになったところをとっさに助けるソンジュン。

ソンジュンに言われ、慌てて部屋を出るヘジン。

 

実家の荷物の中から懐かしい箱を開けるヘジン。

その箱の中からソンジュンから別れ際にもらったパズルのピースを見つける。そのピースの裏には傘が描かれていた。

 

同僚から仕事を頼まれて会社に戻るヘジンは、副編集長の席の明かりが付きっぱなしなことに気付き、消して帰ろうと部屋に入る。

しかし、編集部を出て行くときにパズルのピースを落としてしまうのだった。

 

交差点の信号待ちをしていたソンジュンは、青信号に変わりいつもヘジンが言っていた「出発!」の言葉が耳に入り、思わず辺りを見回すソンジュン。
そこでヘジンの後ろ姿を目撃したソンジュンは、エレベーターで一緒になったヘジンが気になってしまう。

一方、上着のポケットに入れていたはずのパズルのピースが無くなっていることに気付いたヘジンは、慌ててピースを探す。

ようやく見つかったピースはソンジュンの靴の裏にくっついてしまう。

靴から離れたピースをソンジュンに気付かれる前に拾ったのは、シニョクだった。

 

夜になり、屋台でヘジンにパズルピースを返すシニョク。

ヘジンが酔っ払った時にソンジュンとの関係を知ってしまったシニョク。

ヘジンを可愛いがるシニョクは、亡くなった妹を思い出したと言い、その言葉を真に受けたヘジンはお兄さんだと思って尽くすとすっかり仲の良い2人。

そんなヘジンとシニョクの姿を車の中から見かけるソンジュン。

 

コンビニでお金が足りないシニョクを助け、カップラーメンとキムチを奢るハリ。

お金持ちの息子だと聞いているシニョクがどうしてコンビニでカップ麺を食べるのかと不思議に思う。

翌朝、ホテルから出社しようとするシニョクに声をかけるハリは、ソンジュンの前で婚約者のフリをしてもらおうとお願いする。

ハリは今日こそソンジュンとの関係に終止符を打とうと夜会う約束をするのだった。

 

残業を終えたヘジンは、雨の中バス停まで走る。

降りしきる雨の中、ハリとの待ち合わせ場所に向かって車を走らせていたソンジュンは、交通事故を目撃してしまう。

雨の日に母親が交通事故に遭った時の記憶が蘇りパニックになってしまったソンジュンは、車を進めることが出来ず、ついには降りて車道をふらつき始める。

バスの中からそんなソンジュンが目に飛び込んできたヘジンは、慌ててバスを降りソンジュンに駆け寄るのだった。

 

雨の降る暗がりの車道に座り込んでしまいパニックに陥るソンジュンを、幼い頃と同じように上着を傘にして落ち着かせようとするヘジン。

同じようにあの雨の日のことを思い出したソンジュンは、ヘジン…と言って見つめながらヘジンの頬を触りー。

韓国ドラマ『彼女はキレイだった』6話あらすじ(※ネタバレ)

雨の夜、交通事故の現場を見て母親の事故を思い出しパニックに陥ったソンジュンをヘジンは幼い頃と同じようにして落ち着かせようとする。

代行運転を呼んでソンジュンを自宅までお願いするヘジン。

 

いつまで待っても待ち合わせ場所に来ないソンジュンに、電話をかけるハリ。

ソンジュンの代わりに電話に出た代行運転の運転手からソンジュンが具合が悪いと聞いたハリは、シニョクに謝って慌てて帰りソンジュンの部屋を訪ねる。

熱を出して具合の悪そうなソンジュンのために料理の出来ないハリは、お酢など適当に調味料を入れてスープを作る。

一方、ソンジュンの様子が気になるヘジンは、シニョクに3つ言うことを聞くことを条件にソンジュンへ薬とおかゆを届けて欲しいとを頼む。

 

眠ってしまったソンジュンを起こさないように手作りスープを置いて帰るハリは、ヘジンから頼まれてマンションにやってきたシニョクとばったり出くわす。

ここに住む人に急用が出来たと言うハリに、このマンションに友達が居ると話すシニョクなのだった。

 

インターホンを鳴らしても部屋から応答がなく、シニョクは、先日持って帰ったままのルームキーで部屋に入る。

テーブルに置かれた異臭を放つハリの手作りスープを捨て、持って来たお粥を代わりに入れるシニョク。

熱を出して眠るソンジュンにお粥を食べさせたりして看病をする。

翌朝、すっかり回復したソンジュンは、部屋の中に勝手にソンジュンのガウンを着るシニョクが居るのに驚くのだった。

ランチする約束をしたソンジュンとハリ。

先に待ち合わせ場所に到着したハリは突然雨に、昔母親と一緒に雨の中遊んだことを思い出し、嬉しそうに雨に手を伸ばしていた。

ソンジュンは、そんなハリの姿を見て、ヘジンはひどいくせ毛が爆発するからと雨が大嫌いだったのに…と違和感を感じるソンジュン。

信号が青になってもヘジンがいつも言っていた「出発!」の言葉を言わないハリを呆然と見つめていた。

 

風邪を引いてしまい編集部でもくしゃみ連発のヘジンは、自分のデスクにある玉ねぎが置いてあるのを見つけ、周りの人に確認する。

副編集長の部屋に入ったヘジンは、ソンジュンのパソコンの画面に玉ねぎが風邪のウィルスを弱めると書いてあるページを見つけ、あの玉ねぎはソンジュンが置いたものだと気付いたヘジン。

玉ねぎにマジックで顔を描き、デスクに飾るヘジン。それを見たソンジュンは思わず笑みを浮かべていた。

コンビニ前で飲んでいたシニョクを偶然見かけたハリは、一緒に飲み始める。

先日の婚約者のふりまでさせて別れようとしていた相手が気になるシニョク。

好きになってはいけない男性だと言うハリに、何も知らないシニョクは後悔しないようにぶつかってみろと励ますのだった。

 

あの雨の日以降、ヘジンのことが気になって仕方のないソンジュン。いつもヘジンを見ているシニョクは、そんなソンジュンのヘジンに対する態度の変化に気付いていた。

ヘジンの部屋に入ったハリは、机に置かれていたパズルの1ピースを見つけ、持ち出してしまう。

レストランで食事をするソンジュンとハリ。

ハリは、思い出のパズルの1ピースをソンジュンに渡すも、あまり嬉しそうな表情をせずピースを眺めるソンジュン。

ようやく手元に戻ってきたピースをはめてパズルを完成させたソンジュンは、ヘジンと同じように顔を書いて置いていた玉ねぎをゴミ箱に捨てるのだった。

 

ピンチヒッターで突然出張に行くことになったヘジン。

ソンジュンの他にハンソル、ジュヌの2人も行くはずだったが、ジュヌのことを会長の息子だと勘違いしているハンソルは、この機会にジュヌと二人きりになろうと思い理由を付けて先に出発してしまう。

結局、ソンジュンとヘジンの二人で出張先へ向かうことにー。

『彼女はキレイだった』7話・8話あらすじ

 

韓国ドラマ『彼女はキレイだった』キャスト紹介

参照元:http://www.tc-ent.co.jp/sp/kanokire/

チ・ソンジュン役…パク・ソジュン

ヘジンの初恋の相手/ザ・モストの副編集長

主な出演作品:「キルミー・ヒールミー」「魔女の恋愛」
「温かい一言」「眠れる森の魔女」

 

キム・ヘジン役…ファン・ジョンウム

ソンジュンの初恋の相手/ザ・モストの社員

「キルミー・ヒールミー」「果てしない愛」
「秘密」「フルハウスTAKE2」

 

ミン・ハリ役…コ・ジュニ

ソンジュンの親友/ホテルの支配人

「野王~愛と欲望の果て~」
「追跡者〔チェイサー〕」「1年に12人の男」

 

ミン・ハリ役…コ・ジュニ

ザ・モストの記者

「ドラマの帝王」「ポセイドン」
「ATHENA-アテナ-」

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今日は、韓国ドラマ『彼女はキレイだった』のあらすじ5話・6話を完全ネタバレでお伝えしてきました。

雨の日以来、ヘジンのことが気になって仕方のないソンジュンが面白すぎ!(笑)レッカー移動まで食らうとはww

ハリがパズルのピースを渡したことで、ヘジンへの思いを断ち切っちゃったかな~と思ったけど2人っきりで出張♡この後の展開が気になっちゃいますね~♪

 

⇒今すぐU-NEXTの31日間無料お試しを利用して『彼女はキレイだった』の動画を視聴する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です